金沢周辺で評判のいいクリニックの選び方を教えます

金沢周辺で評判のいいクリニックの選び方を教えます

公開日: |最終更新日時:

スキンケアと睡眠の関係

きれいな肌を得るためには睡眠が大切な要素です。そこでこの記事では、なぜ睡眠が大切なのか、睡眠不足になると肌はどうなるのか、といったことを説明。また、良質な睡眠を取るためのコツも紹介しています。

睡眠はスキンケアにとって大事な要素

人間が眠っている間には、お肌に良いとされている2つのホルモンが分泌されています。例えば入眠から3時間には成長ホルモンが分泌されると考えられています。この成長ホルモンは新陳代謝を促す役割を持っており、紫外線などで受けたダメージを修復する働きを持っているとされています。

また、睡眠中にはメラトニンと呼ばれるホルモンも分泌されます。このホルモンは、前述の成長ホルモンの分泌を促す働きがあると考えられています。さらに、メラトニンは強力な抗酸化力がある、ともいわれているのです。

睡眠不足だと肌はどうなる?

平均6〜7時間は睡眠時間を確保したいといわれています。

日中は紫外線や摩擦、乾燥などによって肌は多くのダメージを受けていますが、睡眠中にさまざまな栄養素や成長ホルモンを与えられることによって元気な肌を取り戻します。しかし、睡眠不足が続いてしまうと、こういったメンテナンスが行われず、ダメージを受けたままの肌になってしまいます。

また、睡眠時間が減ると代謝も落ちてしまうとされています。そのため、いくら肌に良い食べ物を摂取しても、肌が吸収しやすいエネルギーに変換されにくいため、その栄養をうまく取り入れることが難しくなります。

スキンケアにつながる良質な睡眠をとるためには?

お肌のためには単に睡眠を取るだけではなく、できるだけ良い睡眠を取ることが大切です。ここでは、良い睡眠を取るためのコツをご紹介します。

入浴の仕方を工夫する

良い睡眠のためには、入浴にもコツがあります。これは、深部体温と皮膚温度の差が縮まることで人は眠くなりますので、スムーズに眠るためには寝る90分前に40度の湯船に15分浸かるのがおすすめ。

入浴して深部体温を上げると、その90分後に元の体温に戻るとされています。さらにその後深部体温はさらに下がって皮膚温度との差が縮まり、良い睡眠が得られるといわれています。

寝る前にスマートフォンやパソコンで作業しない

スマートフォンやパソコンのブルーライトも睡眠に影響を与える、と考えられています。これは、ブルーライトを浴びると人は覚醒する、ということがわかっているため。交感神経が刺激され、脳が覚醒してスムーズに眠りに入れなくなってしまいます。

目安としては、寝る1時間前からブルーライトを浴びないように意識すると良いでしょう。寝る前にはスマートフォンを操作したくなりますが、ちょっと我慢することによってより良い睡眠が得られるようになるはずです。

寝るための環境を整える

どのような環境で寝ているかも睡眠の質に影響しているとされています。例えば照明は落とす、静かな環境にするといったことや、寝るときの服装も大切。人は寝ている間にたくさん汗をかくとされています。そのため、通気性や吸水性の良いパジャマなどを着て寝るのがおすすめです。

日中には太陽の光を浴びる

良い睡眠を得るためにはメラトニンと呼ばれるホルモンが重要とされています。メラトニンを作り出すには、セロトニンというホルモンが必要となりますが、これは太陽の光を浴びることで分泌されます。そのため、日中は太陽の光を浴びると良い睡眠につながるとされています。

その他の金沢にあるクリニックも
【悩み別】で探して見てみる

関連ページ

悩みを解決!金沢で探す美容皮膚科ガイド「かがみるん」

知っておきたい!スキンケアの基礎知識

関連記事はありませんでした。