金沢周辺で評判のいいクリニックの選び方を教えます

金沢周辺で評判のいいクリニックの選び方を教えます

悩みを解決!金沢で探す美容皮膚科ガイド › 知っておきたい!スキンケアの基礎知識

公開日:|最終更新日時:

知っておきたい!スキンケアの基礎知識

毎日行うスキンケア。生活の一部として、特別な意識をしないで行っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、間違ったスキンケアを行っていると、日々の小さな積み重ねが、やがて肌に大きな影響を与えます。ここでは、健康的で美しい肌を長く保つために、スキンケアで気をつけるべき点をまとめてみました。

洗顔で気を付けたいポイント

洗顔の目的としては、肌についた汗や皮脂、ほこりなどを取ることです。金沢は年間を通して雨や雪が多い多湿な地域であり、汗をかきやすい地域ですが、「洗顔の回数を増やせば、清潔さを保てる」ということではありません。過度の洗顔は逆に、皮膚に必要な油分までうばってしまいます。一日二回、朝、起きてからメイクをする前と、夜のメイクを落とすタイミングで行いましょう。手順を紹介します。

  1. ぬるま湯で顔全体を濡らすように洗います。
  2. 洗顔料を手にとり、泡立てます。
  3. 泡は汚れを吸着し落とすので、たっぷり泡を立てることは重要なポイントです。きめ細かな泡は、肌を優しく包むため負担も少なくなります。泡立てが面倒という場合は、泡立て機能が搭載された美顔器や、泡立ちネットなども使用してみるとよいでしょう。
  4. 皮脂の多いTゾーンや顎、鼻の周りを重点的に顔全体に泡をのせ優しく洗います。
  5. ぬるま湯で顔をすすぎます。肌をこすらないように、ぬるま湯を顔にかけるようにおこなってください
  6. タオルで、顔を包むように水分をふきとります。肌をこすらないよう注意してください。

スキンケアと睡眠の関係

肌は、健康のバロメーターでもあります。体調が良ければ、肌の調子も良いという人が多いのでは?睡眠時間を確保することで、心身の健康を維持でき、美しい肌を保つことができます。しかし、睡眠が足りないと、肌には吹き出物ができたり、かさついたり・・・。

これは、肌のターンオーバーと関係しています。ターンオーバーとは肌の新陳代謝であり、新しい皮膚が生まれて古い皮膚がはがれ落ちるサイクルのことです。ターンオーバーは20代の場合、約28日周期で行われます。30~40代だと約45日といわれています。ターンオーバーがきちんと行われれば、肌の美しさが保たれます。しかし、睡眠が不足すると、ターンオーバーがうまく行われません。睡眠時間については7~8時間は確保し、とくにターンオーバーが活発に行われる夜10時から2時までの間に、しっかり睡眠をとりましょう。

スキンケアと睡眠の関係について詳しく

スキンケアと食事の関係

美しい肌には、体の中から行うケアも大事です。栄養のバランスの取れた食事を、適量きちんと食べましょう。食事の際には、特に肌によいビタミン類を、意識的に摂取することをおすすめします。

抗酸化作用とエイジングケア効果のあるビタミンEは、ナッツ類に含まれています。アーモンドオイルであれば、紅茶やコーヒーにスプーン一杯入れることで、手軽にビタミンEを摂ることができます。また、イチゴやトマト、ブロッコリーなどのビタミンCがたくさん含まれる野菜や果物は、シミやそばかすの予防に効果があります。新陳代謝を促すビタミンBは、豚肉や納豆、玄米などに多く含まれています。トマトやブロッコリーなどの野菜の入った豚しゃぶサラダに、アーモンドオイルのドレッシングをかければ、美肌のビタミン3つを全部まとめて摂ることが可能です。

スキンケアと食事の関係について詳しく

保湿ケアの仕方

気温や湿度など環境によって肌はカサつき乾燥するので、肌や環境に合わせた保湿ケアが重要となります。

保湿ケアの基本は化粧水、乳液、クリームです。清潔な手のひらにとって、顔全体のうるおい状態を均一にするように優しく肌につけましょう。

まず化粧水を顔から首にかけてなじませるように塗って肌に水分や保湿成分を補い、その後乳液とクリームを塗り肌に潤いを与え、肌表面に人工の皮脂幕を形成することで肌表面を保護します。

紫外線ケアのポイント

紫外線ケアのポイントは、日傘や帽子、日焼け止めなど出来る限り紫外線を浴びないようにすることです。

日焼け止めは朝のお手入れの最後に使用します。少量ずつ手に取り、重ね塗りすることで塗りムラを防ぎます。タオルや服に擦れて落ちてしまうので、2~3時間ごとに塗り直しを行うのがいいでしょう。

日焼け止めは水やお湯で洗っただけでは落ちない可能性が高いので、普段使っている洗顔料をよく泡立てて丁寧に洗って落とします。

シミ・ソバカスが気になる方のスキンケア

シミ・ソバカスは日焼けによって肌の一部でメラニンが合成され続け表皮の一部に沈着することで肌表面から透けて見えている状態です。

そのため、シミ・ソバカスが気になる方は日焼け止めや帽子をかぶるなど日頃から紫外線対策を行い、メラニン生成を抑える美白成分が入った薬用化粧品でのスキンケアをオススメします。

メラニンの合成・代謝には4段階の過程があり、それぞれの過程に効果成分を含む薬用美白化粧品をつかいましょう。

吹出物・ニキビができやすい方のスキンケア

吹き出物やニキビは過剰な皮脂と皮膚表面の細菌などが原因の毛穴周辺の炎症です。思春期に多く、男性ホルモンや女性ホルモンのバランスが崩れるとなります。

吹き出物・ニキビができやすい方のスキンケアは、こまめな洗顔を行い皮膚を清潔に保つことです。ニキビは刺激を与えるとひどくなるので、お化粧をしたり、つぶしたりしないようにしましょう。

洗顔もスクラブ入りは避け、あまりに酷い場合は病院へ行くことをオススメします。

 乾燥肌や敏感肌が気になる方のスキンケア

気温や湿度の変化により乾燥状態になって、外部刺激に対する感受性が高くなると乾燥肌や敏感肌になります。
この状態になるとうるおい保湿機能が低下、バリア機能低下となり、外部刺激が肌に侵入しやすくなって身体の水分も蒸発しやすくなります。そのため肌にツッパリ感やカサつきなどを感じます。

乾燥肌や敏感肌が気になる方は、肌を保護しうるおいを保つ製品を選び、肌に優しく触れるなどデリケートなスキンケアを行いましょう。

スキンケアの順番は?

スキンケアには、より効果を高めるために守るべき順番があります。肌の汚れを落としたあとに、栄養を与える流れになります。

1:クレンジング

メイクをしている場合は、洗顔前にクレンジングをし、メイクを落とします。

2:洗顔

メイクを落としたら、次に洗顔料をたっぷり泡立てて、しっかり肌の汚れを落とします。

3:化粧水

洗顔後の肌は乾燥しやすいので、すぐに化粧水をつけます。化粧水の役割は、肌に水分を与えることです。清潔な肌に化粧水をつけると肌の内側まで浸透し、うるおいあるみずみずしい肌を作ることができます。

4:乳液・美容液

乳液や・美容液は、化粧水で補ったうるおいを保ち、さらに化粧水では足りない油分を膜をはって肌を保護、乾燥を防ぎます。基本的には、美容液の次に、乳液の順で使用しますが、化粧品によっては、乳液から美容液の場合もあります。若い肌であれば美容液は使用する必要がないこともあります。UVケアを行う場合は、洗顔の後になります。

関連ページ

悩みを解決!金沢で探す美容皮膚科ガイド「かがみるん」

  • 金沢周辺の美容皮膚科一覧
  • 治療するならここ!悩み別おすすめ美容皮膚科3選
  • 美肌を維持したい!肌質診断チャート
  • 失敗しないための美容皮膚科選びのポイントとは?
  • 知っておきたい!スキンケアの基礎知識