金沢周辺で評判のいいクリニックの選び方を教えます

金沢周辺で評判のいいクリニックの選び方を教えます

普通肌の特徴

普通肌は皮脂が少なく、角質の水分が多い、バランスのとれた健康的な肌質なのが特徴です。

  • キメがこまかく、なめらか
  • うるおいがあり艶やかで美しい肌色
  • 色素沈着がなくシワがない
  • 化粧品かぶれを起こしにくい
  • 化粧のノリが良く、崩れにくい

適切な皮脂で包まれており、十分な水分があるため肌にハリがあり、スキントラブルは少ないですが、体調や環境の変化、間違ったスキンケアによってはトラブルを起こしてしまうため過信は禁物です。

起こりがちなスキントラブル

  • シミ
  • 紫外線にあたると、肌を保護するためのメラニンが作られ、ターンオーバーが追いつかなくなると、シミとなります。紫外線は健康なお肌でも完全に防ぐことは難しいため、スキンケアを怠らないようにしましょう。

  • 乾燥
  • 季節や体調、年齢などにより一時的に乾燥肌になる時がありますので注意が必要です。保湿成分の入った化粧水でお肌の乾燥を防ぎましょう。

  • 毛穴の詰まり
  • 化粧水は皮脂の分泌量を増やすことから、夏場ではお肌がベタつきがち。ホコリなどで毛穴が詰まりやすくなるので、こまめに洗顔しましょう。皮脂を落としすぎないようにやさしく洗顔し、保湿スプレーで水分をしっかり補給するのがポイントです。

肌の老化が進行する原因

紫外線(光老化)

お肌は表面から、表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。 紫外線は、真皮中のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンにダメージを与え、それらを生成する線維芽細胞を変性させたり量を減らしてしまうため、たるみやほうれい線、シワを生じる要因となります。

日光を浴びた直後に起こる日焼けなどの短期的な紫外線照射による日焼けやシミのほかに、長年浴びた紫外線の蓄積から生じる肌の老化を光老化と呼びます。

光老化を防ぐためには、日ごろからの紫外線対策が必要で、日差しが強い時間の外出はさけ、外出先では日傘や日焼け止めを使い、直接紫外線を浴びないようにすることが重要です。また室内であっても紫外線に含まれるUV-Aがガラスを通り抜けてしまいますので、室内の紫外線対策も怠らないようにしましょう。

乾燥

季節や体調、年齢などによる乾燥はお肌を老化させてしまいますので、保湿ケアはとても大切です。

気をつけたい日常習慣
  • 規則正しい生活を送り、ストレスのない生活を心がける
  • 紫外線やエアコンの空気を浴びすぎない
  • 肌に負担のかからないメイクやファンデーションを選ぶ
  • 適度な運動で定期的に汗をかく
  • 食事ではビタミンC、ビタミンEの摂取を心がける

普通肌のおすすめスキンケア

check
ビタミントリートメント

超音波、イオン導入で高濃度に配合されたビタミンA・Cをお肌の深部に浸透させ、肌にハリや潤いを与えることできます。ビタミンAはターンオーバーを促進させ、過剰な皮脂分泌を抑える効果、ビタミンCは活性酸素を除去し、コラーゲンを生成促進させる効果があり、美しいお肌を維持するために必要な栄養素と言えます。